病理・放射線診断代行 大阪淀屋橋クアトロアールクリニック

Copyright © 病理診断代行の淀屋橋クアトロアールクリニック All Rights Reserved.
  1. ホーム
  2. 診断医紹介

診断医紹介

 QuattroR(クアトロアール)とは4つのRという意味で、 放射線の偉人 Roentgen(レントゲン)、病理学の偉人 Rokitansky(ロキタンスキー)、産業医学・予防医学・内科学の偉人 Ramattini(ラマッチーニ)の思いを Re-birth(再び誕生)させるという思いがこめられています。
 これらの思いをひとつに病院・診療所での病理診断科機能の充実、放射線診断科機能の充実を通じた診断にこだわった質の向上、それによって患者様への質の高い医療への貢献が可能となり、予防医学にも寄与できると考えています。
 私たちは病理診断・臨床検査診断・放射線診断という横断的で幅広い知識をもとに先生方や患者様に安心で安全な質の高い医療を受けていただけるよう真の Dr’s Dr (医者の中の医者)を目指し、日本初の Dr’ fee を基本としたマネージメントサービスを提供する診療所として業界をリードしていきます。
 当院管理者である医師 菅野 渉平 は、大学病院勤務や一般病院部長職等を通じて実務教育経験を積み、日本専門医機構が定める基本領域専門医のうち、病理専門医、臨床検査専門医、放射線科専門医取得し、サブスペシャリティーとして、細胞診専門医、放射線診断専門医、核医学専門医を取得、そのほか日本内科学会認定内科医や日本体育協会公認スポーツドクター、日本核医学会認定PET核医学認定医なども取得しており、幅広い見識で総合的に病理診断・臨床検査診断・放射線診断を実現します。

主な専門領域と方針

原則、全臓器各診療科すべての領域に対して総合的に対応が可能で、専門家へのコンサルテーションも適切に行うような体制を整えています。今までの大学病院等の勤務でよく経験し得意な専門領域は下記のとおりですが、領域を制限するものではありません。

病理診断科
乳癌・前立腺癌の病理診断
腎生検の病理診断(蛍光・電顕診断)
放射線診断科
腫瘍核医学(SPECT 及び PET/CT 診断)
治療後腫瘍の放射線診断による評価
死後放射線診断(Autopsy imaging 診断)
臨床検査科
内視鏡検査(消化器・呼吸器)の精度管理(peer review 可)
生化学検査の開発及び精度管理

管理者・最終責任診断医の略歴

SHOHEI KANNO, M.D., Ph. D., MPH

平成10年に獨協医科大学医学部卒業、平成27年に関西医科大学大学院医学研究科博士課程、平成30年に岡山大学大学院医歯薬研究科修士課程公衆衛生学コースを修了。医師免許取得後、埼玉医療生活協同組合羽生総合病院、近畿大学医学部附属病院臨床病理学講座での研修医を経て、獨協医科大学越谷病院病理部助手、群馬大学医学部附属病院検査部医員、高崎健康福祉大学健康福祉学部専任講師、群馬セントラルクリニック管理者、羽生総合病院内科・ドック健診センター長、内視鏡部長、近畿大学医学部奈良病院臨床検査部助教、関西医科大学附属滝井病院放射線科助教、関西医科大学附属枚方病院放射線科・核医学科助教(関西医科大学専門部病理学第一講座助教も兼務)、関西医科大学専門部病理学第一講座助教勤務を経て、淀屋橋クアトロアールクリニックを開業。

表彰

  • 獨協医科大学・学業優秀賞(平成10年3月)
  • 関西医科大学・教員表彰(平成24年3月)
  • 関西医科大学・教員表彰(平成25年12月)

国家資格

  • 医師・臨床検査技師・衛生検査技師
  • 死体解剖資格(病理解剖)
  • 労働衛生コンサルタント・第1種作業環境測定士
  • 臨床研修指導医

学位

  • 学士(医学)獨協医科大学
  • 博士(医学)関西医科大学
  • 修士(公衆衛生学)岡山大学

専門医・認定医

  • (基本領域)
  • 病理専門医・研修指導医
  • 臨床検査専門医
  • 放射線科専門医
  • (サブスペシャリティー)
  • 放射線診断専門医
  • 細胞診専門医
  • 核医学専門医
  • (認定医他)
  • PET核医学認定医
  • 認定内科医
  • 臨床検査管理医
  • 公認スポーツドクター
  • 産業医科大学産業医学ディプロマ
    (産業医科大学基本講座修了者)
  • 認定産業医

評議員・非常勤講師等

  • 日本病理学会学術評議員
  • 獨協医科大学国際協力支援センター環境衛生室 非常勤講師

主な業績

Pathological findings of optic neuropathy form metastatic leptomengeal carcinomatosis. Jpn J Ophtalmology, 51(5): 396-398, 2007 Suto C, Oohira A, Funaki C, Kanno S, Mori Y

An Investigation of the Early Detection of Radiation Induced Apoptosis by 99mTc-Annexin V and 201Thallium-Chloride in a Lung Cancer Cell Line Journal of Radiation Research, 53(3): 361-367, 2012 Khoda Me, Utsunomiya K, Ha-Kawa S, Kanno S, Kono Y, Sawada S

Intra-arterial infusion of thrombin: Animal experiments. Minimally Invasive Therapy & Allied Technologies, 23(1): 52-54, 2013 Komemushi A, Kariya S, Nakatani M, Yoshida R, Kono Y, Suzuki S, Kanno S, Ikeda K, Utsunomiya K, Harima Y, Oyamada K, Kamiyoshi T, Miyake T, Sato R, Inoue M, Tanigawa N

Apolipoprotein C-II Is a Potential Serum Biomarker as a Prognostic Factor of Locally Advanced Cervical Cancer After Chemoradiation Therapy  Int J Radiat Oncol Biol Phys, 87(5): 1155-1161, 2013  Harima Y, Ikeda K, Utsunomiya K, Komemushi A, Kanno S, Shiga T, Tanigawa N

Establishment of a Novel Lingual Organoid Culture System: Generation of Organoids Having Mature Keratinized Epithelium from Adult Epithelial Stem Cells. Sci Rep, 15(3): 3224, 2013 Hisha H, Tanaka T, Kanno S, Tokuyama Y, Komai Y, Ohe S, Yanai H, Omachi T, Ueno H

Radiation dose of nurses during IR procedures: a controlled trial evaluating operator alerts before nursing tasks. J Vasc Interv Radiol, 25(8): 1195-1199, 2014 Komemushi A, Suzuki S, Sano A, Kanno S, Kariya S, Nakatani M, Yoshida R, Kono Y, Ikeda K, Utsunomiya K, Harima Y, Komemushi S, Tanigawa N

Longitudinal Time-Dependent Effects of Irradiation on Multidrug Resistance in a Non–Small Lung Cancer Cell Line. Mol Cancer Ther, 13(11): 2706–2712, 2014 Kono Y, Utsunomiya K, Kanno S, Tanigawa N

The effect of radiation exposure on multidrug resistance: in vitro and in vivo studies using non-small lung cancer cells EJNMMI research, 5:11, 2015 Kanno S, Utsunomiya K, Kono Y, Tanigawa N, Sawada S.

Evaluation of an aspiration-type semiautomatic cutting biopsy needle. Minim Invasive Ther Allied Technol. 24(4):250-2, 2015. Komemushi A, Kanno S, Suzuki S, Sano A, Kariya S, Nakatani M, Yagi Yoshida R, Kono Y, Harima Y, Tanigawa N.

Maintenance of sweat glands by stem cells located in the acral epithelium. Biochemical and Biophysical Research Communications, 2016 Mar 25;472(1):292. Ohe S, Tanaka T, Yanai H, Komai Y, Omachi T, Kanno S, Tanaka K, Ishigaki K Saiga K, Nakamura N, Ohsugi H, Tokuyama Y, Atsumi N, Hisha H, Yoshida N, Kumano K, Yamazaki F, Okamoto H, Ueno H.

A case of Down syndrome baby with pulmonary arterial hypertention and transient abnormal myelopiesis who died of respiratory failure ,2018 Jan Japanese Journal of Diagnostic pathology 2018,35(1)34-41 Namikawa K,Kanno S,Ishizaki K,Tanaka K,Washio R,Yamanouchi S,Kumano K,and Ueno H.

ページトップへ