病理診断代行 大阪淀屋橋クアトロアールクリニック

平成28年度診療報酬改定にて保険医療機関連携による病理診断の要件見直しがありました。平成28年度診療報酬改定にて保険医療機関連携による病理診断の要件見直しがありました。

従来の要件

従来の要件 図従来の要件 図

新たに追加で認める要件

新たに追加で認める要件 図新たに追加で認める要件 図

これまで検査センターへの依頼では送付側(病院・診療所)の判断に対し、判断料(150点)を算定しましたが、連携による病理診断の施設基準の届出により、病理診断料(450点)と病理診断管理加算1(120点)が算定できるようになります。*組織診断の場合

新たに認められた要件では
570点の算定

検査センターに依頼するとN007病理判断料150点のみの算定でしたが、平成28年度診療報酬改定により、連携による病理診断の施設基準の届出を行えば、組織診断の場合、N006病理診断料(450点)と病理診断管理加算1(120点)のあわせて570点が算定できることになりました。

*細胞判断の場合はN006病理診断料(200点)と、病理診断管理加算1(60点)をあわせて260点です(一人につき月1回)。

診断料450点+病理管理加算120点=570点
今までの料金は変わらず、大部分を医療報酬で補うことが可能であれば、
実質は増収が見込めます。
(点数算定は診断依頼をした病院・診療所に加算されます)

病理診断医・検査技師不在の
病理検査室がない病院・診療所でも
当院に委託することで届出ができます。

連携による病理診断の施設基準の届出につきましては、
当クリニックで申請のお手伝いをさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ